「S 550 e long」の装備内容一部変更

5月 17日

メルセデス・ベンツ「Sクラス」の「S 550 e long」の装備内容が一部変更になり、本日より発売となりました。
今回の変更により、ヘッドライトレンズ左右をブルーリングで縁取り、さらにフロントブレーキキャリパーにブルーペイントを施すことで、プラグインハブリッドモデルの特徴である高いドライビングパフォーマンスと環境性能を際立たせています。また、フロントフェンダー左右には「PLUG-IN HYBRID」ブルーサイドエンブレムを装着しています。