「E63S 4MATIC+」発売

5月 31日

メルセデス・ベンツEクラスのトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」が本日より発売になりました。
 
2017年で設立50周年を迎えるAMGのマイスターが、”One man - One Engine”の厳格な品質基準に従って組み上げる4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンが搭載されています。「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするこのエンジンは、最高出力612psを発揮し、0-100Km/h加速3.4秒というセグメントトップの動力性能を実現しています。
ドリフトモードを搭載したパフォーマンス志向の四輪駆動システム「メルセデスAMG 4MATIC+」や9速スポーツトランスミッション「AMG スピードシフトMCT」、「AMG強化ブレーキシステム」など数々のパフォーマンスを発揮する装備を搭載しながらも、レーダーセンサーにより先行車を認識し設定速度内で追従するとともに、先行車が停止すれば減速して停止する渋滞追従機能も備えた「ディタンスパイロット・ディストロニック」を始めとした先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」も標準装備するなど、高いパフォーマンスと安全性を兼ね備えています。