「メルセデスAMG GT R」発表

6月 27日

「メルセデスAMG GT」をベースに、世界各地で戦うカスタマースポーツレーシングカー「メルセデスAMG GT3」で培った技術をあますことなく注ぎ込まれた公道走行可能なレーシングモデル「メルセデスAMG GT R」が発表になりました。

 

専用に新開発されたAMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンは、徹底した軽量化やドライサンプ潤滑システムによる低重心化など、メルセデスAMGの持つテクノロジーが詰まったエンジンです。ベースとなった「メルセデスAMG GT」から過給圧の変更や、エキゾーストポートの最適化と圧縮比の変更などが行われ、最大出力585ps、最大トルク700Nmを発揮します。これはGT Sと比較し最高出力+76ps最大トルク+50Nmのパワーアップとなります。

メルセデスAMG初となる4輪操舵システム「AMGリア・アクスルステアリング」や9段階の調整が可能なAMGトラクションコントロールなど、サーキットを速く走るための数々の専用装備を備えています。

 

本モデルは完全受注生産となりますので、納期については担当営業までお問い合わせください。